ロングとショートどちらのタイプがいいの?

ウォーターサーバーは形に種類があるのですが見たことがある人も多いのではないでしょうか。ロングタイプ、ショートタイプどちらがいいのでしょうか。

ロングタイプとは

ロングタイプ、これは床に直接設置するタイプです。銀行や病院等に昔から用意してあるタイプの場合は大半がロングタイプです。しかし家庭に設置するとなると、床置きはかさばるとかインテリアを損ねることになるので家にはふさわしくないという人もいるのです。その場合は床置きタイプよりもショートタイプを選んだほうがいいのかもしれませんね。

ショートタイプとは

ショートタイプ、これは卓上タイプです。ダイニングテーブルの上にでも設置できることが特徴です。ですから、それほど置く場所を気にしたり、インテリアや部屋の雰囲気とマッチさせることに神経を使わなくてもいいと言えるでしょう。またロングタイプと比べたときにメリットがあります。卓上タイプの場合は電気代が安いのです。電気代がロングと比べるとサイズが小さいだけのことがあり、安くなりますので、お得にウォーターサーバーを設置したいと思っている人にはぴったりかもしれません。

災害時のことを考えて

東日本大震災や熊本の震災が起きてからは、地震の時に、倒れてしまわないようにという想いから、卓上を選ぶ人が多いと言われています。卓上タイプを選ぶ方が倒れる心配もないので安心です。しかし卓上の場合は、ダイニングテーブルの上に設置しなければいけなかったり、キッチンカウンターの上に設置することになりますので、コンセントの確保が出来るかどうかが問題になるでしょう。

卓上タイプなら

卓上タイプなら食事をしながら水のおかわりをしたい場合も手軽に、席を立たずに、おかわりすることができますしお酒が飲みたいのでお湯割りを作る場合も座ったまま作ることができます。また、コーヒーや温かい飲み物等もダイニングテーブルに座ったまま作れるというのはとても便利ですね。ロングタイプはロングタイプでリビングに設置することができるメリットがありますが、台所やダイニングの上で使いたいと思っている人にとっては、ショートタイプが小さくて便利と言えるかもしれません。
いろいろなタイプがあり、主にロングタイプとショートタイプがあります。どちらを選ぶかはそれぞれの用途等に合わせて選ぶといいでしょう。使い勝手の良さで選ぶことが大事ですし、またそれぞれの家庭によっても活用法が違うので、よく検討しましょう。

関連記事

    None Found

2016年6月2日

Posted In: 知っておきたいこと