停電でも使えるのか

ウォーターサーバーは大半が電気のコンセントにつないで使用することが多いでしょう。水を適温に保つためにも、電源は必要となるのですが、もし停電した場合にはどうなるのでしょうか。

停電になったら使えるの?

停電になると電気が使えません。停電になった場合に、電気が必要なウォーターサーバーはどうなるのでしょうか。使えるのかどうか、これは設置する上でとても気になることですよね。実際天災や気象の影響で停電になることも珍しいことではありませんので、停電時の対応については考えておいて損はないと言えるでしょう。停電すれば色々と使えなくなります。やはり電源を常に接続して設置しておくものですので、電気が使えないとなれば、サーバーの様々な機能はそれに伴って使えなくなることは確かなことでしょう。サーバーの大半が温水と冷水のどちらも出ることが多いですので、冷やしておく、温めるためには電気の力を使います。

ウォーターサーバーと停電

実際停電になってしまったとしても、水を出すことはできます。コックをひねるだけですので、それほど大変なことではないのです。水を出す分には電気を使うことはないので、通常通り出すことができます。しかし電気を使っている理由は、温度調整です。冷たい水を出すために冷やし、熱いお湯を出すために温めているので、電気が通らなくなると常温になってしまうのです。もし事前に例えば計画停電があるとわかっているのなら、冷温水スイッチをオフにあらかじめした上で電源プラグを抜くといいでしょう。
しかしボトルはそのままにしておいても大丈夫です。もちろん飲みかけで、何日も経っているような場合には、場合によっては開封後すぐに飲みきらなくてはいけないこともあります。特に防腐剤など一切添加されていない水の場合には停電後の対処としてその水はすぐに飲みきらなければいけないこともありますので注意が必要です。どのような対応となるのか、それはそれぞれのサーバーの会社によって違いがあるので注意しましょう。水の消費期限については下記に記載しているので参考にするといいでしょう。

▼合わせて読みたい
ウォーターサーバーの電気代を知る

水の消費期限について

水はサーバーにセットしている場合と、未開封の場合と消費期限が違います。サーバーにセットしている水の場合は2週間からだいたい3ヶ月程度です。そして未開封の場合には会社にもよりますが、3ヶ月から1年は可能でしょう。災害が起きたときのために、ウォーターサーバーをあらかじめ契約をしておけば、万が一断水してしまったり、水が出なくなった場合等に、安心して水を確保することができるというメリットがあるでしょう。
特に小さなお子さんがいる家庭では、水を確保することはとても大事なこととなりますので、そういった面でもウォーターサーバー導入を検討する家庭は増えているとのことです。停電してしまうと、常温になりますし、早めに消費しなければいけない状態になるかとは思うのですが、災害時等はあったほうがいいですから、もしものときに備えておくと安心かもしれませんね。今、もしものときに備えて水を用意している人は多いです。備えていると思っただけで日々安心できるものですね。

どんな人が備えているの?

どのような人が災害に備えているのでしょうか。誰もが備えているわけではないのですが、震災にあった経験がある人、震災が各地で起きていることから心配している人で、特に小さなお子さんやお年寄りが家庭にいる方が利用しているケースが多いと言われています。確かに小さなお子さんがいる家庭などでは、災害時に、一番何が必要なのか、それを考えると水は必須となります。
誰もが水は必須何なのですが、それでもやはり、小さなお子さんがいる、高齢者がいる、体が不自由な人が居るという場合には、ほかの世帯以上に必要となるといっても過言ではないでしょう。様々な人が備えていることがわかりますので、もしまだ小さなお子さんがいる人や、高齢者の介護をしている人などがいれば、これを機会に検討してみるといいのかもしれませんね。しかし停電時は、先程も書きましたが、電気が止まってしまうと、あたたかいお湯は出せなくなる可能性はあります。
しかし水のボトルがストックしてあれば、それを使うことによって飲み水の確保はすることができると思いますので、確保しておくことは大事でしょう。飲み水だけでなく、他にも、料理にも使うこともできますし、特に赤ちゃんがいる家庭ではしっかりと備えておくことが必要となります。ミルクを作る場合でも、離乳食を作る場合にも必要となりますので備えておくことはとても大切なことと言えるでしょう。
ウォーターサーバーそのものは、電気を使って水を冷やしたり温めたりしますので、停電してしまうと、温度調節の機能は使えなくなります。しかし災害時に水があれば何かと便利ですので、万が一に備えてサーバーを検討しているという人は増えています。

関連記事

    None Found

2016年6月2日

Posted In: 知っておきたいこと