ワンウェイとリターナブルの安全性

ウォーターサーバーには種類が色々とあります。使い捨てと、ボトルをもう一度回収して再利用するタイプがあるのですが、どちらがいいのでしょうか。

ワンウェイ方式とは

ワンウェイ方式、これは空になったボトルは使い捨てなので各家庭で処分することができるタイプとなります。毎回新しいボトルを配達してもらい、空いたボトルは自分たちでゴミとして処分することとなります。ペットボトルのような素材でできているボトルなので、空になったボトルは手軽に畳んだり、小さくして捨てることができるのが便利です。回収を待つ必要もありませんし、待つあいだ置き場所に困ることもなく、各家庭でゴミとして出すことができるメリットがあるでしょう。

リターナブル方式について

リターナブル方式の場合は、使い捨てではありません。業者が回収をした上でまた綺麗に洗浄して再利用されます。そのためにエコであるという点ではワンウェイ方式と比べるとエコかもしれません。しかし、空いたボトルは次に水を配達してもらうときまで、家のどこかで保管しておく必要があります。ワンウェイボトルとは違ってとても頑丈にできているボトルなので、普通に捨てることはできませんし、またかさばるので邪魔になります。その点でデメリットが大きいでしょう。

値段の違いは?

これら二つは使い捨てと、再回収という大きな特徴がありますが、値段的にはどうなのでしょうか。値段だけを見れば、使い捨ての方が高くなります。やはり使い捨てはどのようなものでも再利用できるものと比べると高い値段が付いてしまいますが、ウォーターサーバーでも同じことが言えるのです。レンタル代金、電気代等も含めて総合的に値段はどちらが安いのか、それはリターナブルと言えるでしょう。
エコですし、お財布にも優しいのです。ですから、少々かさばって、持って行ってもらうまでどこかで保管しなければいけなかったとしても安さで考えれば、使い捨てのボトルよりも、リーズナブルな価格で導入することができると言えるかもしれません。便利さで選ぶのか、それとも値段で選ぶのか、使う人によって選び方は違うでしょうけれど、地球環境や財布への優しさで選ぶのであれば、リターナブルの方がリーズナブルと言えるのではないでしょうか。
ワンウェイを選ぶのか、リターナブルを選ぶのか、どちらを選ぶかは両方の特徴を知ったうで検討するといいでしょう。どちらにもメリットデメリットがあります。

関連記事

    None Found

2016年6月2日

Posted In: 知っておきたいこと